おかげ様で5周年っ♡

今年は横須賀市市民協働推進事業として開催!
第5回いろんな子どもと家族のお祭り

 

昨年に引き続き、「第5回いろんな子どもと家族のお祭り」実施します♪

 

赤ちゃんも人生の大先輩も、ハンディがある子もない子も、
やんちゃな子もおとなしい子も、
あったかい心とありがとうの気持ちがあれば、
それぞれがそれぞれらしくいられる、楽しめる。
そんな空間を参加者全員で作るのが、
この「いろんな子どもと家族のお祭り」♪
あなたもこの空間、一緒に作ってみませんか?

 

今年は5周年のお祝いyear♪
これを記念し、若手を中心に今までとはちょっと違うワクワクの企画をご用意しました♡

イベントの概要及び申込方法は、下記の通りです。

当日、皆さんと笑顔一杯の時間を過ごせる事、楽しみにしています^^

第5回いろんな子どもと家族のお祭り
実行委員一同

****************

<第回5いろんな子どもと家族のお祭り>
日時: 2019年9月29日日曜日
10:30-14:00(10:00より受付、10:30開始)
* 10:15を目処に起こしいただき、10:20までには、必ず受付をお済ませください。
(障害児&家族サポーター利用の方は10:15までに受付。サポーターの詳細は下記参照)
場所: 横須賀市総合福祉会館5Fホール
横須賀市本町2-1
京急汐入駅徒歩6分

内容: 遊んで作ってダンスして。いろんなことしていろんな子どもと一緒に遊ぼう♪

タイムスケジュール
10:00 受け付け開始
10:30 イベント開始 
10:40 横須賀市ジュニアリーダーズと遊ぼう(内容はお楽しみ♡)♪
12:00 お昼ご飯タイム 
お弁当持参もよし、ピケマルシェさんの美味しいパンの販売もあり^^(要予約)
12:40 すまいるくろっぷの慶子さんと楽器作りワークショップ♪
13:00 親切ダンスカンパニーと一緒にダンスタイム♪
13:30 みんなでパラバルーン♪
13:50 主催者挨拶&記念撮影
14:00 閉会

参加費: 無料(含楽器ワークショップ制作費。ピケマルシェ365日のパンは実費負担。1つ200円。成分表は下記の通り。アレルギー等はご自身で管理のほどよろしくお願いいたします)

定員: 30家族程度(事前申し込み制。定員になり次第締め切り。当日参加不可。)
* 障害児家族サポーター(下記に詳細あり)ご希望の方は申し込みの際に希望の旨明記(定員5家族。定員になり次第締め切り。詳しくは事務局まで)。

 

持ち物等: 上履き&水分は各自ご持参ください。
お昼ご飯は弁当持参かピケマルシェのパン購入かの選択制。
当日はダンス等体を動かしますので、動きやすい格好でお越しください。

 

申込方法: こちらの「申し込みフォーム( http://smilelb.com/omatsuri_application.html  )」よりご記入ください。申込をいただいて3日以内にはお返事をいたします。ご連絡のない場合は、再度、ご連絡をいただけますようお願いいたします(申込み締切:9月24日)。

 

問合わせ: いろんな子どもと家族のお祭り 事務局・高橋(ikko@smilelb.com, 046-874-7676)

 

主催: NPO法人ファミリア「いろんな子どもと家族のお祭り実行委員会」

 

*補足&詳細*
<協力団体>
横須賀市ジュニアリーダーズ
子ども会等の行事やキャンプで子どもたちを楽しませ、盛り上げることを目的としたボランティア団体。2019年は創立50周年にあたります!

 

親切ダンスカンパニー
人に優しく、地球に優しく、みんなで楽しく踊りましょう!横須賀を拠点に、ダンスも歌も楽器も、みんながやりたい表現活動に自由にとりくめる地域密着型あーちすと集団 です。団員募集中!

    

ピケマルシェ365日
野比にある就労継続支援B型事業所。日本の木の廃材を燃料にした、ペレットパン窯でパンを焼いています!

よこすか何でもやんべぇ〜会
大好きな町よこすかを誰もが誇れる町にするために活動を行っている団体。

 

<ピケマルシェの当日販売パン成分表>
1.サラダチキン
原材料:食パン、ゆで卵、とりハム、キャロットラペ、キャベツ、レタス、マヨネーズ、塩

2.ポテトサラダ
原材料:食パン、じゃがいも、ベーコン、キャベツ、レタス、きゅうり、マヨネーズ、玉ねぎ、塩、こしょう

 

<家族サポーターとは>
障害児のいる家族に楽しく過ごしていただけるよう、1家族につき1名付くサポーター。障害児と触れ合いのある経験は浅い為、託児は請け負えませんが、そんな中でも可能な限りお子さんと関わったり、手が足りないご両親のサポートをしたり、日頃、思いっきり遊ぶ事の出来ない兄弟児の相手をするなどその日1日ご家族の必要に応じたサポートができればと手を挙げてくださいました。将来の障害児・者の理解者を育てる意味合いもありますので、ご家族もサポーターも楽しめる協力のあり方を一緒に探ってみてください^^。なお、障害児以外でも、必要に応じてサポーターはご利用いただけます(0歳児と兄弟児がいて、なかなか兄弟と遊んであげられない!などといったご家族)。詳しくは事務局まで。